ホーネッツ・レディース

チームについて

チームコンセプト

写真:ホーネッツ・レディース

ホーネッツ・レディースは北海道における女子野球の普及と発展に貢献すること、野球を通じてメンバーの人格形成と地域社会の活性化に貢献することを目的として活動します。

ホーネッツ・レディースは女子クラブチームとして全日本女子硬式野球選手権大会および全日本女子硬式クラブ野球選手権大会に出場し、女子野球日本一を目指します。

また、各選手個人は女子野球ワールドカップ等の国際大会に日本代表チームの一員として出場し勝利に貢献することを目標に活動しています。

このページのTOPへ

沿革

2005年に日本女子野球協会が第一回全日本女子硬式野球選手権大会を開催するのに合わせてチームを結成。

2007年に同大会において3位となり銅メダルを獲得。

2006年より開催されている全日本女子硬式クラブ野球選手権大会と女子野球二大会に北海道代表として毎年参加しています。

国際大会には2005年および2006年に金由起子、志村亜貴子、山崎まりの3選手が日本代表チームのメンバーとして参加。

2008年の女子野球ワールドカップでは金由起子、志村亜貴子の両選手が日本代表チームの主力選手として活躍し日本チームの初優勝に大きく貢献しました。

2010年の女子野球ワールドカップでは金由起子が日本代表チームのキャプテンとして、またOGの志村亜貴子、山崎まりも代表メンバーとして活躍し、大会史上初の連覇に貢献しました。

2012年の女子野球ワールドカップで金由起子が日本代表チームの一塁手として大会最多打点、OGの志村亜貴子は代表チームのキャプテンとして活躍し、大会史上初の3連覇に大きく貢献しました。

2013年にホーネッツOGの山崎まり内野手(ホーネッツ・レディース〜筑波大学〜アサヒトラスト)が日本女子プロ野球リーグ「ノースレイア」入団、男女含めてホーネッツ出身選手として初のプロ契約選手となりました。

2016年にホーネッツOGの小原美南投手が女子プロ野球育成球団のレイアアカデミーに加入。同年の入団テストに合格しアカデミー出身者初の女子プロ野球入団選手、ホーネッツ出身としては2人目のプロ選手となりました。

このページのTOPへ

活動

現在、平日は自主練習、土日祝日には喜茂別町営球場および札幌近郊の施設で練習や練習試合を行い、全日本女子野球連盟主催の全日本女子硬式野球選手権大会(8月、愛媛)、全日本女子硬式クラブ野球選手権大会(10月、千葉)のほか、当クラブ主催の女子硬式野球北海道大会(7月)など各大会での優勝を目標に活動しています。